30歳の保健体育
2011年 全12話


評価 45点

作品解説

 30歳の保健体育 Step1 [Blu-ray]
東宝 (2011-06-24)
売り上げランキング: 21294

今河駿は女性と付き合ったことすらない童貞男。そんな彼が30歳を迎えた深夜、目の前に大五郎という性愛の神が現れるのだった。


30歳の保健体育…このインパクトのあるタイトルを見て、内容知らなかった私は一体どんな話を展開してくれるのだろうと、興味半分、期待半分で視聴していたのですが…はっきり言うと、しょーもない。
奥手のため30歳になってもチェリーな男とバージンな女が、紆余曲折の末に付き合うことになって最後に初体験をしましたよ〜…って、これ別に30歳であることの意味なくね?ぶっちゃけ、登場キャラは25歳でも20歳でも通用する内容に見えたし、せっかくタイトルでちょっとオトナなかほりを出しているのに、その30歳というところの旨味がまったく出てなかったと思います。
んで、妙にパロネタ的なものを作中の随所に入れていたのですが、この作品を見ようと思った人はそんなもの望んでないと思いますよ。まったく…勘違いも甚だしいです。
私的な結論を言うと、このタイトルの作品に望まれているものは、ズバリふたりエッチ的な内容だったと思います。つか、内容知らない人は皆そう考えたんじゃないんですかね?なのに、実際放送された内容は神様とか出てくる中途半端なラブコメ。
しかも、直接的なH描写なんてほとんど無いにも関わらず、色んなセリフに(サブタイトルまで)規制がかかっていて分かりにくいので、時々イラっとしてしまいます。最終回は感動演出なんてものもありましたが、もはやこの作品の狙いが分からずまったく乗り切れない…これは一体何だったんだろうな?w



主な登場人物と名言(?)

・今河 駿 「ボ、ボクと合体してください!」
 システム会社に勤めるサラリーマンで本作の主人公。これまで彼女が出来たことの無い童貞です。30歳になった日に性愛の神が現れ、彼らに振り回される日々を送ることになります。

・安藤 なつ 「バカにしないでくださ〜い」
 30歳で男と付き合ったことが無い処女。心優しくおっとりとした性格の持ち主です。好きな人と結ばれたいと思っていますが、性への知識が乏しいために過激な内容の話をすると卒倒してしまいます。また、相手を強烈に拒絶すると、AK(あっちいってこっちこないで)フィールドを展開して男を近づけさせません。

・大五郎 「今から貴様に神の知識を授けよう」
 駿の童貞を卒業させるためにやってきた性愛の神。超マイペースなオレ様キャラですが、声がその性格に合っているので許すw

・マカロン 「怖いのは最初だけだよ」
 性愛の神で大五郎の弟。ことあるごとに大五郎に女装させられる、いわゆる男の娘ポジションです。

・ぴぃちゃん 「オス、メス、キッスでイクイクー」
 なつの処女を卒業させるためにやってきた性愛の神。幼い頃、大五郎にセクハラをされてボコボコにした過去があり、彼を嫌っています。

・くぅちゃん 「童貞ってねえ、未熟なのではなくて未経験なだけよ」
 性愛の神で、ぴぃちゃんの双子の姉。動物・電化製品と、何とでも話せるが、日本語が話せないので凄く無口w

・寮長 「童貞も守れん奴に女が守れるか!」
 駿の勤める会社の独身寮の寮長。名だたる性愛の神でも童貞を卒業させることができなかったため、性愛の神から「童貞王」と呼ばれています。駿の童貞を守り、自分の後継者にと考えていますw



[ランキングへ戻る]

[HOME]

ブログパーツ
inserted by FC2 system