あかほり外道アワーらぶげ
2005年 全13話


評価 60点

作品解説

あかほり外道アワー らぶげ 第1巻
ジェネオン エンタテインメント
発売日:2005-09-22

すんげ〜馬鹿アニメです(笑)。あかほりの得意そうな分野ですね。色々と著作権上危険なネタも垣間見れて、まさにパクリ上等!とばかりに開き直っています。これこそあの人の最も得意とする分野だ。
この作品では、30分の枠で「絶対正義ラブフェロモン」と「それゆけ! 外道乙女隊」の2本が放映されてます。時間の配分、どっちが先に放映されるか?などは結構アバウトで、この辺もあかほりらしいですね。
また、この2つは同一世界上の話であり、両者がリンクすることもあります。何処か間違った正義の味方ラブフェロモンと、澄んだ心を持った悪の外道乙女隊…果たして両者が合間見える日は来るのか!?
お馬鹿な笑いがメインの「絶対正義ラブフェロモン」、意外に感動ストーリーの「それゆけ! 外道乙女隊」、まさに一粒で二度おいしい作品です。
ただ、ラスト2話がちょっとね…。どーせ、あかほりのことだから適当に終わらせるだろうな…と思っていたら、ほんとに適当でした(笑)。両者の絡みも期待していたほどではなかったし、ひょっとして番組ラストでも言っていたようにマジで続編でも考えているのか…?


〜絶対正義ラブフェロモン〜
売れない漫才コンビ「らぶふぇろもん」は、正義の味方「ラブフェロモン」の副業をすることで、自分達の認知度を高めようとしていました。周りの被害も考えずに、徹底的に外道を懲らしめる彼女達…世間のバッシングもなんのそので、今日も正義の(破壊)活動に精を出すのでした。

〜それゆけ! 外道乙女隊〜
代々、悪の組織の戦闘員として働いてきた北華家。そこの五人姉妹は、死んだ父親の意志を引き継ぎ、立派な悪になることを決意します。アクマコの力で「外道乙女隊」となり、悪行をおこなう彼女達…しかし、何故かそれは困った人々を助ける行為になっているのでした。



主な登場人物と名言(?)

〜絶対正義ラブフェロモン〜

・良澄愛美 「正義のためなら、何をしてもいいのだ!
 漫才コンビ「らぶふぇろもん」のボケ担当(貧乳)。巨乳萌えの幼女萌えです…(汗)。ボケらしく、はちゃめちゃ度合いがハンパじゃなく、いつも暴走してます。つーか、破壊活動のほとんどはこいつのせいの気が…。

・佐嶋薫子 「ああ…あたし、ポロリされちゃうのね」
 漫才コンビ「らぶふぇろもん」の突っ込み担当(巨乳)。男の子(10歳以下限定)萌えです…(汗)。突っ込みらしく、愛美よりは大分理性的な面を持ち合わせていますが、たまに壊れることも…。

・関智一(セキーマン) 「こうなったら仕方が無い…変身だ!」
 せ、せ、せ、関さーーーーん!!ついに本名で出ちゃいましたか…。役割は「らぶふぇろもん」のマネージャーで、かなりおいしいとこついてるキャラです。ちなみにセキーマンとは、関さん本人が昔デザインしたキャラだそうですよ。あかほりはこういうのも普通に使ってくるからな〜。


〜それゆけ! 外道乙女隊〜

・北華音子 「せーの…」
 北華五姉妹の長女(18歳)。貧しい家計を支えるため、多くのバイトをしています。つか、家計が苦しいのは、ほとんどこの人の食事代に消えているからじゃあ…。ちなみに「らぶふぇろもん」薫子と同じバイト先でも働いています。

・北華妹香 「マジカル…」
 北華五姉妹の次女(16歳)。眼鏡っ子です。この属性を生かし、モデルのバイトなんてのもやっちゃってます。

・北華翼 「バナナ…」
 北華五姉妹の三女(14歳)。一人称が「ボク」のドジっ子です。バナナ大好き♪

・北華可奈子 「外道といったら…」
 北華五姉妹の四女(10歳)。成長著しい巨乳っ子。そのあまりの成長っぷりに、担任の先生も劣情をもよおし、苦悩しております(笑)。

・北華詩乃 「乙女で」
 北華五姉妹の五女(5歳)。幼女です…。

・アクマコ2 「呼ばれて飛び出てアクマコちゃーん」
 北華家に代々伝わる、18禁と書かれていた壺の中に入っていた悪魔。姉妹に変身ステッキを渡し、外道乙女隊として悪事を働かそうとしますが、いつもそれは失敗に終わるんですよね。



[ランキングへ戻る]

[HOME]

ブログパーツ
inserted by FC2 system