おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜
2010年 全13話


評価 80点

作品解説

 おおきく振りかぶって ~夏の大会編~ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス (2010-06-23)
売り上げランキング: 180

夏の大会で強豪・桐青高校を倒した西浦高校は3回戦へと進むのだった。


1期から3年…すっかり忘れた頃に放送された2期ですが、これは1期と連続して放送すべきだったな!
まあ、内容が1期最終回からの直続きで、前作を知らない人(忘れている人)は楽しみづらいというところもあるのですが、それ以上にこの作品は、2期の終わりまで放送して初めて区切りよく終われるのです。つまり、1期と2期を合わせて第1部って感じなんですよね。1期の段階でここまで放送出来ていれば、相当いい感じで終われたと思うのですが…まあ、原作の都合で無理だったのでしょう。勿体無い!
でまあ、今回の特徴を説明すると、25話で2試合しか出来なかった1期に比べ、こちらは13話で3試合消化とテンポアップしています。自分的にこれは良かったと思います。1期の試合テンポが遅い部分には、多少いらつくところもありましたからね。
そして、今回は試合の中でのドラマ性が強まっていると思います。キャッチャーに従うことを当たり前だと考える三橋、従順なピッチャーこそが必要だと考える阿部。1期ではその関係性が当たり前のようになっており、何の疑問も抱くこと無く順調に進んでいましたが、そんな彼らにとって考えを改めさせられるようなイベントが発生しています。ということで、成長という面において今回は色々と得るものがあったのではないでしょうか?
何にせよ原作に追いついてしまったので、続編が製作されたとしてもまた数年後になるのでしょうが、このおおきく振りかぶってという作品の第2幕という意味での3期をアニメで見てみたいですね。彼らはまだ1年生…熱い青春はまだこれからです!



主な登場人物と名言(?)

・三橋 廉 「俺を、頼ってくれ!」
 ウジウジ性格は相変わらずですが、今回の終盤で少しは成長したかな?キャッチャーに頼るだけではない、ピッチャーとしての責任を自覚した時、彼は1コ上のレベルへと辿り着くことでしょう。

・阿部 隆也 「俺、約束破ったから…ゴメン!」
 三橋と同じく、今回はこいつにも転機になりましたね。ピッチャーとの対話の重要性に気付いた彼も、これからレベルが上がっていくことでしょう。そして、友達があまりいないということにも気付いた?笑

・田島 悠一郎 「だよなー!」
 やっぱ、このチームではこいつ一人だけ別格ですね。全ての面において、他のメンバーより野球センスが飛び抜けてる印象です。まあ、センスという面はなかなか練習しても磨けるものではないので、他のメンバーが彼に追いつくためには、もっと色々な経験を積むことが必要かな。

・花井 梓 「コールドやんぞ!」
 みんなのキャプテン花井くん。しかし、まだ頼りない部分も多いかな?特に、田島との野球選手としての素質の差が随所でピックアップされており、また本人自身もそれをコンプレックスとして感じているようでした。今後、それをどう克服していくかが課題ですね。



[ランキングへ戻る]

[HOME]

ブログパーツ
inserted by FC2 system